有機野菜はアレルギーのある子供でも大丈夫?

有機野菜について

有機野菜はアレルギーのある子供でも大丈夫?

 

ここでは、有機野菜はアレルギーのある子供でも大丈夫かについて書いていますので参考にしてくださいね!

 

アレルギー持ちの方

 

有機野菜 宅配,有機野菜,有機野菜 口コミ未だ確証はありませんが、農薬とアレルギーの因果関係は捨て切れません。有機野菜は従来販売されている野菜の農薬の約三分の一、必要最低限しか使用されません。

 

また殺虫、除草剤も必要最低限しか使用されないため野菜自体に農薬が残留する割合が格段に減ります。一般的な野菜から有機野菜を食べるようにしたアレルギー持ちの家庭で実際の体験談ですが、花粉症の症状が軽くなった、子供のアトピーが軽減され痒いという症状も軽くなったと体質改善に役にたっているようです。少しでもアレルギー体質を軽減したいと考えているようなら有機野菜の宅配も検討してみるのもいいかもしれません。

 

 

小さい子供と有機野菜

 

小さな子供が居ると悩むのが、「子供の野菜嫌い」じゃないでしょうか?
子供の代表的な嫌われ野菜「ピーマン・ニンジン・トマト」などが常にトップにありますね!

 

小さい頃に食べれなかった野菜は、大人になっても食べれないと言います。
野菜には沢山の栄養がつまっているので、栄養バランスを考えて出来れば親としては食べて欲しいですよね。

 

嫌われ野菜は、よく見てみるとどれも特徴があるんです。
野菜に共通していることが、「苦味・酸味・臭み」です。

 

スーパーで売られている野菜は、ハウス栽培や化学肥料などで育成を促進しているのが多く、野菜本来の甘みがなく、どうしても苦味や臭みも目立つようになってしまいます。大人でも臭みや苦味が強い野菜を、食べない人は多いですよね?

 

「有機野菜」で育てた野菜は化学肥料などを使わず、野菜本来の成長で栽培し、化学肥料などで育成促進しないので、栄養価値も高いです。

 

野菜が本来持っている甘みをふんだんに引き出し、苦味や臭みは和らいだ野菜に成長します。
ビタミンやミネラルが多くなり、成長に不可欠な栄養補給が出来ます。

 

野菜を食べないと、体の免疫も衰え風邪などの病気も多くなります。
野菜嫌いを克服させるためには、大地の恵みを沢山浴びた「有機野菜」を試しに食べさせてみてください。

 

同じ野菜でも味は格別に違いますが、子供は形で嫌う子も多いので、ハンバーグなどに混ぜて、原型を見せない食べさせ方法もあります。
甘い有機野菜を利用して、野菜嫌いの克服をしませんか?

 

 

有機野菜と一般野菜の違い(安全性)

 

「有機野菜」の基準ガイドはとっても厳しく、作付け前の2年前から化学肥料や農薬を一切しようしていない畑で、作物を栽培し、国認定の機関による厳しい検査に合格したのみを言います。

 

害虫や病害などが農作物に起きたとしても、薬を全く使わず自然の力を利用して駆除などをします。
認められていない農薬などを一切使っていないので、食べる側としては安心感は強いですよね?
ですが有機野菜として認められるまでの肯定はとっても厳しく、化学肥料などを使わない分、生育も長く手間もコストもかかります。

 

安全性が高い分、農家の苦労も高いのは確かです。

 

そしてスーパーなどで売られている一般的な野菜は、農作物を安定した育成で収穫できるようにと、化学肥料や農薬を使って作物を育てます。
化学肥料なども使う分量によっては、水質や土壌汚染などもあります。

 

日本の農作物も99%が農薬を使用して栽培された野菜です。
日本全国の食を満たすには、農薬なしでは野菜の生産も追いつかないのです。

 

以前に比べて日本の農薬は、厳しい高い基準をクリアした薬だけ登録され国が認める厳しい基準を守りながら生産者は栽培しています。
農薬により発ガン率も高くなると言いますが、必ずしも食べたからと言ってガンになるとの事はありません。

 

安全性については問題なく感じますが、どんなに安全だとしても、やっぱり農薬を使っているとの事で安心感のあるほうは「有機野菜」と思うのは当然だと思います。

 

有機野菜と一般野菜の違い(味に関して)

 

農作物でとっても大事なことは、土壌環境です。
土壌環境が悪いと育つ野菜も育つことが出来ず、化学肥料などを使うことで土壌は汚染され、生育不良などになり栄養価などの低下などといった現象が起きます。
土壌環境を変えてしまう化学肥料、農作物が弱くならないようにと農薬で補いながら農作物を栽培するのではなく、有機肥料と自然の力だけに頼って作られる「有機野菜」。

 

安全性の高いことは確かですが、農薬などで環境を整えることが出来ないので自然その物の状態で成育するので、味にバラつきがあります。
でも有機質肥料により、土の中の微生物の活発化により栄養分の高い土壌になり、有機野菜の味は野菜本来が持つとっても濃い味の野菜ばかりです。

 

一方、スーパーなどで売られている一般野菜。
こちらは病害虫の駆除、収穫を安定にするために農薬や化学肥料が使われています。

 

そのため味のバラつきなどは一切ないのですが、有機野菜に比べると味が薄く栄養価も低いです。
化学肥料は成長促進剤として使われるのですが、無理な農作物の成長は野菜本来が持つ力を無理やり成長させるため、味も栄養も不十分になります。
化学肥料により窒素が多くなった土では、味も薄くなってしまいます。

 

ただ有機野菜も自然任せの栽培になりますので、中には味が一般野菜よりも衰えている時もあります。
太陽の光を十分に浴び、自然の力で出来た堆肥などを使用した土で育った農作物は、調味料などで味付けしなくても、とっても濃厚なので美味しいです。

 

 

有機野菜をおいしく食べるコツ

 

野菜にはそれぞれ「苦味の強い野菜」「甘みの強い野菜」「臭みの強い野菜」などがあります。
人間と同じくそれぞれの性格だと思ってもらえば、野菜の持つそれぞれの特徴がわかりますよね?

 

スーパーで売られている野菜は、それほどまで自己主調は強くないですが有機野菜は野菜本来の性格を引き出しており、個性がとっても強い野菜ばかりです。

 

それぞれの野菜は栄養成分も違い、食べ方も違います。
野菜を美味しく食べるためには、やっぱり生で食べるのが一番です。
栄養もそのままの状態で摂取出来るのですが、野菜によっては加熱しなくては辛味や苦味が強い物もありますよね?

 

野菜に含まれる成分で調理方法を変え、美味しく食べるコツです。

 

「ビタミンC」
緑黄野菜に多くビタミンCが含まれています。
ビタミンCは水に溶けやすい成分なので、洗うときや茹でる時はサッと行ってください。

 

「ポリフェノール」
ポリフェノールは主に野菜の皮の部分に多く含まれているので、皮ごと調理することで、野菜本来を美味しく食べる事が出来ます。

 

「リコピン」
トマトに多く含まれる成分ですが、加熱しても栄養成分は変わらないのでどの調理方法でも、栄養成分は十分に摂取出来ます。

 

「硫化アリル」
玉ねぎのなどの辛味の素となる辛味成分です。
熱に弱く水にも弱い成分なので、辛味を和らげたい時は水にさらしたり熱したりします。
ですが栄養成分は溶けてしまうので、栄養成分をそのまま抑えたいときは生が一番です。

 

有機野菜にはこれらの栄養価が沢山詰まっています。
美味しく食べるにはそれぞれ特徴がありますが、農薬などの心配もないので軽く洗って、生のままで食べるのが、一番の美味しく食べるコツです。

 

調味料なしでも野菜本来の旨みが引き出されているので、生で栄養成分丸ごと食べるのがおススメです。

 

 

有機野菜の宅配について

 

 

輸入野菜から残留農薬などが検出されたりで、食に対しての意識が高まっています。

 

できれば国産の野菜のみを食べたいのですが、スーパーなどで売られている野菜も、農薬や化学肥料を使って栽培されているため安全安心野菜の見方は低いと思う方もいます。

 

安心で安全そして美味しい野菜として、今人気なのが「有機野菜」。有機野菜と表示されるのは、栽培方法を徹底し国の厳しい検査を通過した物だけです。

 

野菜を栽培するのに、生育の促進剤ともなる化学肥料、そして病害虫から守るための農薬などを一切使わない自然農法なので、野菜の育つスピードも遅く、野菜全体が不ぞろいやコストが高いため、市場に出回ることは滅多にありません。

 

少しでも皆さんに安心で安全、そして大地の恵みを受けた美味しい「有機野菜」は、有機野菜の宅配で手に入れることが出来ます。

 

有機野菜の宅配でいいところ

 

重い野菜も自宅まで宅配
国の厳しい基準をクリアした有機野菜のみ
スーパーでは手に入らない栄養の高い野菜が手に入る
宅配サービス会社によっては、宅配地域や料金が異なりますが、全て安全基準をクリアした「有機JAS認定マーク」が付いている野菜のみです。

 

有機野菜を中心に、乳製品や大豆製品などさまざまなジャンルもあり、どれもこだわった製造工程で、素材ならではの本来の味を食べることが出来ます。
食の安全性と重い野菜も手軽に宅配してくれると、子育て世帯や老世帯などの利用者がどんどん増えています。

 

 

タイトルとURLをコピーしました